住友林業の玄関ドア選び

住友林業の玄関ドア選び
ウォルナ
ウォルナ

こんばんは。ウォルナです!

昨日打ち合わせに行ってきたので打ち合わせの記録を書きたいんですが、色々調べたページも作りたく、なんか順番バラバラになっています(笑)

玄関ドアなんかにこだわる人は住友林業を選ばないのか、調べてもネットにはあんまり無いんですよね……😅

せっかくなので、玄関ドアについて調べた事を書き残していきます!

住友林業の標準の玄関ドアはどんなのがあるの?

まずは標準の仕様を知らないと、提案でお金をかけるか決められませんよね🤣

まだこれについて記載されたブログなどは見てないので、ネット初公開!かも?!

住友林業の営業さんに、標準の玄関ドアのパンフをくれと言って貰ったのがこの7つ

メーカーは、LIXIL、YKKAP、三協アルミ立山の3社です。

各社の断熱性能はどんなもの?

断熱性能は、一番右のフォレストメゾン用の物がLIXILですが、H-3で熱還流率3.49以下、他のLIXIL、三協アルミ立山はH-5で熱還流率2.33以下の性能と記載があります。

YKKAPは熱還流率の記載はないですが、打ち合わせ資料の中に、H-5熱還流率2.33以下と記載があり、このドアはヴェナートD30のD2仕様のすみりん仕様と見られます。

はっきり言って、この情報はネット上で見当たらなかったのでなかなか有益ですよ(笑)🤣

断熱性能の基準は2.33までなので、悪くないドアなのね😆

つっこみ系女子
つっこみ系女子
ウォルナ
ウォルナ

まあ基準をベースにすると悪くはないのだけどちょっとねぇ……

JISグレードと呼ばれる断熱基準は2.33以下が一応最高のようなんですが、熱還流率2.33と言うのは樹脂アルミ複層窓が1.8程度なのを考えると非常に悪く、玄関ドアの代わりに窓を置いといた方がマシやんけ!と言う状態なのです。

今のマンションは玄関ドア周りは非常に寒いのですが、古いので熱還流率は3台くらいだと予想され(下手するともっと悪いかも)、それと大きくは変わらないのだと考えるとやはり寒い玄関廊下が出来てしまいそうです……😱

冬寒くない家を作りたいと思っているので、やはり窓以下の断熱性能の玄関ドアは許容できそうにありません……

提案工事で玄関ドアはどんなのになるの?

寒いのイヤ寒いのイヤと散々言っているので、先日の打ち合わせでは設計士さんが標準ドアの話はすっ飛ばして提案工事のドアのパンフを持ってきました(笑)

YKKAPでは、イノベストD50とD70と言う高断熱性能のドアがあり、提案工事で選べるようです。

うちの担当の支店でもたまーに選ぶ人がいるようで、私の地域の近くの寒いところの人が最近提案のYKKAPのドアにしたと言うことでした。

(YKKAP希望なのでLIXILの話はしてませんが、提案工事なら可能だと思います)

さて、YKKAPの断熱ドアはD70とD50とあり、その特徴はざっと次の通り。

D70

  • 高い
  • 木製
  • 熱還流率0.90

D50

  • 高いけど少しマシ
  • 木製風
  • 熱還流率0.95〜1.56

D70は木製なので、腐る可能性があり手入れが必要みたいです。

キシラデコールを何年かに1回塗るみたいですが、あれはめっちゃ臭いらしいですねぇ……

D50でも窓無し樹脂枠のものだと熱還流率0.95なので、どうしても木製!という人以外はD70にこだわる理由は無さそうですかね?

まあ表面がアルミだと熱橋になるので、木製よりは体感で寒い可能性はありますが……

さて、D50のお値段は?

残念ながらまだ分からなくて、今週設計士さんがYKKAPに見積もりを聞いてくれるみたいです。

設計士予想では約20万円アップだそうで、はあ……(;-_-) =3

予算が……😱

定価だと57.8万円(スマートキー)なので、ここに消費税ときこりん税だからまあまあ高価ですね……

いくら値引きしてくれるのやら……

ここは来週に追記しますね〜